おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

【シミ・そばかすを防ぐ】夏の紫外線から守ってくれる食べ物

投稿日:

photo credit: Debra via photopin (license)

photo credit: Debra via photopin (license)

夏になると日差しが強くなって、日焼けや紫外線が気になりますよね。

日焼け止めや日傘も必要だけど、体の内側からも紫外線対策!夏の紫外線を防いでくれる食べ物をまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シミができるメカニズムと対策

肌は紫外線を浴びるとメラニン色素を作って細胞を守ります。これがいわゆる日焼けです。肌は1ヶ月周期で作られていて、メラニン色素も古い肌と一緒に排出されるのが普通。

でも、紫外線を浴び続けると体内で活性酸素が増えて、メラニン色素が過剰に作られたり排出ができずに肌にメラニン色素が沈着します。これがシミです。

シミ対策

1つは日焼け止めを塗ったり、日傘で紫外線を浴びないようにすること。もう1つは紫外線を浴びるとできる活性酸素を消す栄養を取ることです。

紫外線から肌を守ってくれる食べ物

紫外線対策に必要なのが抗酸化作用があるビタミンC, β-カロチン,ビタミンE、健康な皮膚を作るビタミンB2,ビタミンB6,たんぱく質です。これらの栄養が豊富に含まれている食べ物を紹介。

トマト

a03_003

トマトには抗酸化作用があるビタミンC,ビタミンEが豊富。そして、なんといってもトマトには抗酸化作用が非常に強いリコピンが含まれています。

オレンジ

a04_029

抗酸化作用のある多量のビタミンCやβ-カロチン,ビタミンB2が含まれています。

バナナ

a04_038

バナナにはβ-カロテンをはじめ、ビタミンA、ケルセチン、β‐クリプトキサンチン、ミリセチン、ビタミンC、リコペン、ビタミンE、ポリフェノール類など、体内の過剰な活性酸素の害を抑える抗酸化成分が含まれています。 
参照:バナナ大学 

すごいぞバナナ!安いからといってバカにしてゴメンナサイ。熟したバナナのほうがビタミンB2,B6を含むので、表面に茶色い斑点が出たくらいがオススメ。

アボカド

avocado-16041_1280

皮膚を作るビタミンB2,ビタミンB6, β-カロチンと抗酸化作用があるビタミンC,ビタミンEが豊富です。食べる美容液といっても間違いではないほど美容にいい食べ物ですね。

エクストラ・バージン・オリーブオイル

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_s

ビタミンEに加えて、抗酸化作用が強いポリフェノールも多く含んでいます。料理で使う油はオリーブオイルに切り替えると効率的に摂取できますね。

大豆

daizu

大豆に含まれるイソブラボンも抗酸化作用があります。また、大豆の良質なタンパク質がハリのある肌の材料になります。飲み物を豆乳にしたり、お味噌汁や豆腐など大豆食品を積極的に取り入れたいですね。

まとめ

バナナに抗酸化作用があるって知らなかったわー。



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.