おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

本・映画・マンガ

【映画】最高にHappyで美味しい『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

投稿日:

IMG 2753

お気に入りの映画が増えました。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

これ、公開中はまったく知りませんでした。でも映画レンタルのユーザー評価で、ほとんどの人が☆5をつけているので観てみました。

そしたら大正解。メチャクチャよかったです。いつでも観たくてDVD買っちゃいました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


ストーリー

才能あふれる料理人カールは一流レストランのシェフ。でも、モヤモヤする日々。

離婚して奥さんが引き取った息子とは定期的に会えるけど、ちょっとすれ違い。レストランでは自信がある新作料理をお客さんに出したいけど、レストランのオーナーは反対。評判がいい定番のメニューを出し続けろと。

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

そんななか有名な料理評論家が来店。いつもの定番メニューを出したら、ボロカスに批評されます。頭にきたカールはTwitterで評論家を罵倒。そしたら大炎上www。

結局、仕事も評判も失います。

落ち込んだカールですが、前妻の勧めでフードトラックを始めます。前のレストランの仲間も駆けつけてくれて、息子も夏休みなのでフードトラックの旅を一緒にすることに。

これ以上はネタバレするので、やめておきますね。

この映画の好きなところ

料理がおいしそう、そして楽しそう

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

とにかく出てくる料理がおいしそうです。キューバサンド、クロックムッシュ、ペペロンチーノ、手の込んだフレンチ料理、アメリカの地元の料理の数々。見ているだけでお腹がへります。

ぼくがいいなと思うのは、料理が本当に好きで楽しそうにしているところ。しかも手際よく鮮やかに。

監督兼主役のジョン・ファヴローは、このためにフレンチの速習コースで学んだり実際のレストランに立って料理をしたそうです。

ちなみに、作った料理を試食するシーンがいちばん好き。仲間たちとひとくち食べると、「おぉ〜」「これ、たまらんぜ」みたいなことを連発しています(笑)。

父親と子どもの関係

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

主人公カールと息子との心のふれあいもいいです。最初、カールは仕事優先で息子とキチンと向き合えていません。でも、フードトラックの旅を続けるなかで、次第にふたりの心の距離が縮まっていきます。

ぼくが好きなのは、息子と一緒に地元の市場に買い出しにいくところ。そこでカールが息子に食材選びやおいしいものを教えたり、食べさせたりします。

途中、カールが息子に料理人としての心がまえを教えるシーンがあるのですが、それがジーンときます。

こうやって父親が息子に何かを伝えていくのっていいなぁ。

音楽

作品に出てくるラテン系の音楽が最高にノリノリです。選択が絶妙。映像の楽しさやおいしさを何倍にも膨らませてくれます。

あまりにもよくてサントラも買っちゃいました。

ストーリーが笑えて、元気をもらえる

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

photo credit:「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」公式HP

ストーリーのテンポもいいし、ちょっとした下ネタも入っているところがぼく好み。キャラもしっかりと立っていて観ていて飽きません。

ちょっとできすぎなストーリーと言われるかもしれませんが、それがいいんだ!

本当なら一流レストランのシェフがフードトラックをするなんてプライドが許さないと思います。

でも、自分がやりたいことがあるならカタチにこだわらずにチャレンジするべきということを教えてもらえます。

まとめ

観ると元気をもらえてHappyになれる映画です。これはぜひ観てほしい映画です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-本・映画・マンガ
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.