おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

【父の日のプレゼントにオススメ】ぼくが10年使っている極上の箸

投稿日:

今年の父の日のプレゼントは、もう決まりました?2015年の父の日は6月21日(日)なので、もうすぐですね。

まだプレゼントを決めていない人の参考になればということで、ぼくのオススメを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


いつも使ってもらえるものがいいよね

ぼくが考える親へのプレゼントのポイントは、「よく使うものだけど自分ではお金をかけないもの」です。

その点を踏まえて、ぼくがオススメするのはズバリ「箸」!箸は毎日使うもの。そして、よっぽどこだわりがないと箸にお金はかけません。

ぼくが10年使い続ける極上の箸

ぼくは群馬の箸専門店「箸久」の箸を10年ほど使っています。しかも、ずっと同じ箸。それがコレ。

DSC 0254

黒檀(こくたん)の拭き漆仕上げの箸です。

「黒檀」
黒檀は熱帯にはえる常緑高木で、心材は堅く漆黒色で磨くと光沢が出て重厚になり、昔から高級建築や器具、楽器などに用いられています。重量感と光沢がある黒檀は高級箸にも用いられ、箸の木地として珍重されています。参照:箸久 

「拭き漆仕上げ」
 生漆(漆の樹から採取した樹液を濾過しただけの純度の高い漆)を木地に摺り込み、余分な漆は拭き取りまた摺り込みその工程を何度も繰り返し本来の木の良さを十分に生かした技法です。参照:箸久 

この箸がすごく使いやすくて、ずっと使っています。しかも自宅用と外出用で二膳(笑)。それくらいお気に入り。

 DSC 0258

DSC 0263

丸みを帯びながらもランダムに削られていて、手にしっくりと馴染みます。

DSC 0255

箸の先は四角に仕上げてあるので掴みやすい(現在の商品は丸仕上げ)。箸を口に運んだときに口当たりがすっごくいいです。違和感がないというか異物感がなくて、唇に触れるとやさしい感じがします。

漆の塗り直しをしてくれる

なにより嬉しいのが、表面の漆が剥げてきたら塗り直しをしてくれること。有料ですが破格の525円!ぼくは3回ほど漆を塗り直してもらっています。

箸自体は10年使っても、まったくヘタりません。さすが黒檀!漆さえ塗り直せば、永遠に使えるのではないかと思っちゃいます。

親子2代で愛用

我が家は夫婦で、この箸を使っています。奥さんは同じシリーズで紫檀(したん)の拭き漆仕上げの箸を使っています。

奥さんからも使い心地が好評だったので、父の日に両親にプレゼントしました。

けずり黒檀・紫檀 夫婦セット | 箸専門店 箸久(はしきゅう) オンラインショップ

人気の黒檀・紫檀をプレゼント用にセットしました。箸先までゆるやかに入れられた削りは食べ物をつかみやすくなおかつすべりにくく心地良い食事の時間が得られます。

www.hashikyu.com

余談ですが両親にプレゼントしたら、「やっぱりお嫁さんはセンスがいいねぇ」と奥さんをほめていました。ぼくが選んだんだけどなー。親からの信頼がありません(笑)

でも、気に入ってくれたらしく、いつも使ってくれています。こうやって自分が贈ったものが使ってもらえると嬉しいですよね。

まとめ

ぼくが愛用している箸を紹介しました。父の日のプレゼントの参考にしてもらえたら嬉しいです。

箸の専門店「箸久」は、ほかにもいろいろな箸を扱っています。名入れもOK!店舗には400種類以上の箸があるんだって。どひゃー。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.