おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

次に来るのはコレ!話題の植物性ミルク「ヘンプミルク」を飲んでみた

投稿日:

DSC 0252

植物性ミルクと聞くと、すぐに思い出すのは豆乳(ソイミルク)ですよね。そして、次にブームになると言われているのが、ヘンプミルクです。

ヘンプミルクを実際に飲んでみたので、成分と味について書きます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

麻の実からできている「ヘンプミルク」

photo credit: seeds via photopin (license)

photo credit: seeds via photopin (license)

ヘンプミルクは麻の実からできています。ベジタリアン系の雑誌を読んでいたら、ヘンプの紹介が多くて気になっていました。ネットで調べると、「アメリカのセレブが夢中!」という言葉が踊っています。今回、スーパーで見かけたので買ってみました。

麻の実はスーパーフード

もともと麻の実はスーパーフードの1つとして注目されている食品で、栄養価が非常に優れていると言われています。

スーパーフードの定義
・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。

・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつ。
参照:一般社団法人日本スーパーフード協会 

 ほかにもアサイー、カカオ、ココナッツ、チアシード、クコの実などが、スーパーフードとして挙げられています。

ヘンプミルクの成分

カロリーはちょっと高めですが、オメガ3・オメガ6飽和脂肪酸、9種類の必須アミノ酸、カルシウム、鉄分、ビタミンなど豊富な栄養素を含んでいます。
参照:パシフィックヘンプミルク 

善玉コレステロールを増やしてくれるオメガ3飽和脂肪酸や不足しがちな他の栄養素も含まれていて、栄養価は高そう。

ちなみにカロリーは成分表を見ると240ccで140カロリー。豆乳が同量で110カロリーですから、若干カロリーは高めですね。

ヘンプミルクの材料は麻の実と水

調べてみるとヘンプミルクは、家庭でもミキサーを使えば作れるそうです。麻の実を手に入れるのが難しそうですが…。

麻の実と水を入れて、ミキサーでブレンドすればいいだけみたいです。えっ、そんなに簡単なんだ。

市販のものは飲みやすくするために、シロップも加えられているようです。

ヘンプミルクの味

DSC 0238

今回、ぼくが買ったのはパシフィック社のヘンプミルク。アメリカからの輸入品です。いろいろな会社が作っているみたいですが、日本で見かけるのはパシフィック社が多いです。

ヘンプミルクは輸入食材店のKALDIで売っています。ぼくは阪急オアシスという地元のスーパーで売っていたので買いました(スーパーでヘンプミルクを取り扱っているってスゲー!)。

価格は1リットルで900円程度。少し高めだなー。まだ流通してないから、値段が高いんでしょうね。

自宅に帰って、さっそく開封。んっ?

DSC 0243

透明の黄色の液体が出てきました。どうやら分離しているみたい。一度戻して、振ってから注ぎ直しました。

DSC 0251

色は白というよりもクリーム色です。黒い小さな粒も見えます。

DSC 0247

さっそく一口。うーん、常温だと独特な香りがして、少し飲みにくい。味は豆乳に似ています。

冷やしてから、もう一度飲んでみました。
うん、おいしい。冷やすと独特な香りもなくなって飲みやすくなっています。味としては豆乳に似ているところは変わりなしですが、少しサラっとしている感じがします。

奥さんいわく、豆乳よりも飲みやすいとのこと。 

スイーツを作るときに、牛乳のかわりにヘンプミルクを入れてもおいしそう。あっさりした仕上がりになると思います。

まとめ

おいしさと栄養価的には合格。牛乳や豆乳が苦手な人にはオススメです。

ただ、価格が少し高い…。本格的にブームになって価格が安くなったら、ぼくは日常的に飲みそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.