おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

【落ち込んだとき】覚えておくと便利な「へこみ方」

投稿日:

すぐるです。ぼくは「いつも明るく元気に変人」を心がけていますが、ときどきは落ち込みます。

思い返してみると学校でも会社でも、落ち込んだときの「へこみ方」って教えてもらったことがないわけですよ。落ち込んだあとに復活するのって大切なのに。

ずっとへこんでいると、精神衛生的によくないです。今回はへこんだ状態から一歩踏み出す状態まで持っていく方法を、いくつかのステップに分けて説明します。自己流なので、異論は認める!

スポンサーリンク

スポンサーリンク


1.心のデトックスをする

心のなかにたまった毒を見て見ぬふりをしたり、出さずにいるとだんだん心が重くなってきます。もうね、ガンガン出すべき。

無条件にへこんでみる

最初はぐんぐんへこんでください。盛大にへこみましょう。スーパーネガティブモードのスイッチ・オンです。「あー、へこむわー」とか言いながらへこむと、効果的にへこめます。

そして、こう言うと変ですが、へこんだ気持ちを味わってください。自分がへこんでいることを理解して、受け止めてください。

全てを人のせいにしてみる

いい人によくありがちなのが、全部自分が悪いと思い込もうとすること。これも無理にそうしようとすると心が疲れてしまいます。

いまは全て人のせいにしちゃってください。自分のことは棚に上げまくりです。地上7,000メートルくらい自分を棚に上げてください。そして、考えうる限りの罵詈雑言を吐き出しましょう。「わたしは悪くなーい!」と叫んじゃいましょう。

というわけで、最初のステップは心のデトックスでした。ただ、これをずっとやると逆に疲れるので、長くても30分位を目安にして次のステップに移ってください。

2.ひとり作戦会議をする

photo credit: Rifelssione via photopin (license)

photo credit: Rifelssione via photopin (license)

心のデトックスが終わったところで、ここからは自分を一歩前に踏み出すためのステップです。この作戦会議は必ず書き出してください。書き出すことで心と頭が整理できるので。

最悪のシナリオを作る

今後の状況で、自分が考えうる最悪のシナリオを作ってみてください。容赦なく最悪のシナリオです。そして、そうなったときの対処法を考えてみます。

作り終わったらそれを眺めていみると、最悪のシナリオになる確率は低くて、意外と今の状況は大丈夫そうに見えてきます。それにたとえ実現したとしても覚悟が決まります。

できていることをたくさん見つける

へこんでいるときに、よくあるパターンが「できていない」ことばかり考えてしまうことです。これって、できていないことばかり考えると意味なく落ち込むだけです。

今は一歩踏み出すステップ。「できていないこと」ではなくて、「できていること」をたくさん見つけてください。

どんな小さなことでも構いません。とにかくたくさん書き出します。「できていること」なんて何もないと思ってしまう人は、基準が高すぎるだけ。

例えば、企業再生のプロも最初は傾いている会社の「できていること」を探します。それのレベルがマジ低い。「蛍光灯がついている」とか、そういうレベルで見つけていくそうです。でも、それでいいんです!

「生きている」「考えようとしている」とかのレベルでオッケー。バカバカしいレベルで考え始めると、勢いがついて「できていること」が見つかり出します。

こうすると、だんだん「できない思考」から「できる思考」に変わってきます。

今の状況のなかで「できそうなこと」を見つける

今の状況がどういうふうに変わったらいいか願望を書きます。そして、その願望を叶えるために、必要なことを片っ端から書き出してリストにします。できるできない関係なくね。

次に自分のできそう&やってみたい順にリストを並び替えれば、あなたの「行動リスト」できあがります。

絶対にやってはいけないのが、やるべき順のリストにすること。こうすると心理的ハードルが高くて、行動しない場合がほとんど。あくまで「できそう&やってみたい」の行動リストにしてください。

3.心の栄養補給をする

行動リストができあがったから、「次は行動だー!」となりそうですが、ちょっとストップ。あなたの心は栄養が不足している状態。

腹が減っては戦はできぬ。まずは腹ごしらえじゃー。ということで心の栄養補給をしましょう。これは人によってはさまざまなです。自分の心が元気になれる方法で栄養補給をしてください。ぼくはたっぷり寝たり、お気に入りの本やマンガを読みます。

ストレスの対処法について書いた過去記事も参考になるかと。

ストレス発散とストレス解消は違うから、自分のやり方を押し付けちゃダメ

ストレスに対応する方法は、おおざっぱに言うと発散タイプと解消タイプという2つのタイプがあります。大切なのはどちらが優れているというわけではなくて、自分に合った方法を選択することです。

cookforyou.jp

4.行動する

ここまで来たら、あとは行動あるのみ。

今と違う結果がほしいなら、今までとは違う行動をするしかないです。同じことをしていて、違う結果がほしいなんてムリです。すんごいことをしなくていいので、行動リストのトップにある「できそう&やってみたい」を実行してみてください。

無事に復活を遂げたあなたを見せて、まわりをびっくりさせましょう。

まとめ

以上、便利な「へこみ方」について書きました。落ち込んで、もんもんとしているときに参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-, ,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.