おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

おすすめサービス

【歯ぎしりがヒドイ】歯医者でナイトガード(マウスピース)を作ってきた話

更新日:

歯ぎしりがヒドくて、歯医者でナイトガード(寝るときにつけて歯を守るマウスピース)を作ってきました。

ナイトガードを作ろうと思っている人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


歯ぎしりがひどくなってきた

歯医者に歯ぎしりを指摘される

IMG 2655

大阪の梅田・中津近辺で腕がいいと評判の江上歯科が、ぼくのかかりつけの歯医者。

ここの最初の検診のときに、「あー、歯ぎしりで歯が削れていますね」と言われました。

鏡で見せてもらうと、歯ぎしりをしている前歯がすり減っているのが分かりました。あとほっぺたの内側に噛み跡があるのは歯ぎしりをしている証拠だって。

歯ぎしり自体は誰でもあることで、寝ているときに歯ぎしりをして歯の位置を調節したり、ストレスを発散させているそうです。

でも、この歯ぎしりがひどいと歯が削れて痛みが出たり、歯が割れたりするみたい。おそろしや。

歯ぎしりの原因のほとんどはストレスなんだって。みなさんも気をつけてね。

歯ぎしりがひどくなったり、気になるようになったら歯を守るナイトガード(マウスピース)を作りましょうということになりました(ここでゴリ押ししてこないところが、この歯医者のいいところ)。

朝起きるとこめかみが疲れている

そのうち、歯ぎしりがひどくなってきました。

とくに食いしばり(クレンチング)をたくさんしていて、朝起きるとこめかみが疲れているんですよね。

それといっしょに歯をこすり合わせているみたい(グラインディング)で、歯がすれている感じがするようになりました。

このままいくと最悪、歯が割れたりしそうなのでナイトガードを作ることを決めました。

ナイトガードを作ったよ

気になる費用は?

費用としてはトータルで8,000円程度です。

・初診で歯の検診と歯石取り:約2,000円
・2回目で型取り:約1,000円
・3回目でナイトガードを受け取る:約5,000円

これが高いか安いか判断に迷うところだと思いますが、歯は一生使いますからぼくは安いと思っています。

ナイトガードはうすくて、やわらか仕様

ちょっとグロかったら、ごめんなさい。

DSC 0606

DSC 0611

実物はうすくて、やわらかいです。重さはほとんどありません。

DSC 0613

ぼくの歯型に合わせて作られています。ご覧のとおり、ぼく歯並びが悪いんですよね(写真左上)。

ナイトガードの使用感は意外と違和感がない

さっそくナイトガードを付けてみると、歯にぴったりフィットしていい感じ。

一晩寝てみたのですが、ぼくは違和感なく眠れました。そもそもぼくは寝付きが超絶いいので、気になる前に寝ていました(笑)。

気になる人も多いみたいだけど、だいたい1週間ぐらいで慣れるって。

ナイトガードを付けた写真をアップしようと思ったのですが、ぼくの顔のアップが自主規制レベルだったのでやめました。

ナイトガードのお手入れ方法と保管

朝起きたら、水ですすいで軽く歯ブラシでこするだけで大丈夫。熱に弱いのでお湯を使っちゃダメ。洗ったら、あとは自然感想でOK。

ただ、ナイトガードが洗面台に置いてあると見栄えがよくないので、スポーツ用のマウスピースケースを買って保管するようにしました。

DSC 0649

DSC 0653

これのいいところは、ケースに隙間が空いているので乾きやすくなっているところ。あとデザインもカッコイイ。

まとめ

歯は一生つかうものなので、大切にしたいですよね。ぼく個人の感想としては、歯ぎしりがひどいと感じたらナイトガードを作ることをオススメします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-おすすめサービス
-, ,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.