おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

【仕事のストレスを少なくする】職場の人間関係をよくするコツ

投稿日:

photo credit: HA0521-021 via photopin (license)

photo credit: HA0521-021 via photopin (license)

職場での人間関係のストレスってありますよね。

ぼくも職場での人間関係で、悩んだほうです。その経験をふまえて、ぼくがオススメする職場での人間関係をよくするコツを紹介します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


人間関係の基本は相手を変えようとしないこと

人間関係の基本は相手を変えようとしないこと。これ、大前提。

相手を変えようとしてもムダに終わることが多いです。

それよりは自分とまわりの環境を整えて働きやすい状況を作るほうが、職場での人間関係のストレスは減ります。

具体的には職場に自分の味方を多くして、仕事をしやすい状況を作り上げることが最終目標です。

1.はじめにストレスの対処法を決めておく

はじめに今あるストレスとの付き合い方を決めておいたほうがいいです。仕事がしやすい状況を作る前にストレスで心が壊れたら意味がないですからね。

ストレスの対処法については前に書いた記事が参考になるかと。

ストレス発散とストレス解消は違うから、自分のやり方を押し付けちゃダメ

ストレスに対応する方法は、おおざっぱに言うと発散タイプと解消タイプという2つのタイプがあります。大切なのはどちらが優れているというわけではなくて、自分に合った方法を選択することです。

cookforyou.jp

【ストレス多めの方へ】過労で倒れたことがあるぼくからのアドバイス

自分のストレスサインは知っておいたほうがいいよーというお話。それを、過労+ストレスで倒れた経験を持つぼくが書きます。

cookforyou.jp

2.社内マップを作る

職場でサポートがない状態で仕事をすると、ストレスがとてもたまります。そのうえ、上司が嫌な奴の場合、逃げ場がなくなって心が壊れます。

そうなる前に社内の誰が何の仕事を担当しているかを把握すれば、自分が困ったときに相談する相手が分かります。

最初はそれぞれの人の仕事内容の理解から始めていくといいです。自分の仕事に人が興味を持ってくれるのはうれしいものです。

休憩や会社のイベントのときに話しかけたりして、相手の仕事内容を把握してみてください。

この社内マップを作ることが、職場で仕事をしやすい状況を作る第一歩になります。

3.相手の判断基準や興味関心を知る

photo credit: Clever Girl via photopin (license)

photo credit: Clever Girl via photopin (license)

上司や職場のメンバーの判断基準を知っておくと役に立ちます。

自分が通したい企画や仕事がある場合、その判断基準に沿った資料を作れば通りやすくなります。また、社内調整でも納得してもらいやすくなります。

判断基準は相手の話や仕事ぶりを見ていれば、だいたいつかむことができるはずです。特に直接の上司の判断基準は押さえておくべきですね。

あと相手のプライベートな興味関心を知っておくと、次に紹介する「相手の役に立つ」というときに使えます。

4.先に相手の役に立つ

photo credit: img_2695.jpg via photopin (license)

photo credit: img_2695.jpg via photopin (license)

先に相手の役に立つと、それだけ信頼につながります(そもそも困ったときだけ泣きついてくる奴はうっとおしいだけ)。

職場で何か困っている人がいたら、自分のできることや得意なことで手伝ってあげることです。ちょっとしたアドバイスでもOK。

まだ手伝えることがなかったら、相手が喜びそうなことをしてあげてください。相手が関心がありそうな情報をネットで見つけたら転送するとか、本やイベントを紹介するとか。

何もできない場合は、ちょっとしたものをプレゼントするのもいいかと。具体的にはその人が食べそうなお菓子とか食べ物をあげるわけです。

社会心理学で「返報性の法則」というものがあって、ほしいと思っていなくても何かをもらうと相手に恩返しをしなければという気持ちが働く法則があります。腹黒いですが、その法則を利用します。

こういうふうに相手の役に立っていると、あなたのまわりに味方が増えていきます。

5.いい人をやめる

「いい人でいなければいけない」と思っているとしたら、いい人はやめましょう。

大丈夫、「いい人」をやめても、あなたはまわりのことを少なからず気にかけるから「いい人」のままです。

あなたはいい人だから、相手の期待に応えようとするがあまりにストレスがたまっているはずです。ちょっと肩の荷をおろして、「いい人」じゃないときがあってもいいんです。

「いい人」をやめて、あなたから離れていくような人達はほっといて大丈夫。

いい人がやめられないと思ったら、はせ おやさいさんのブログを読んでみてください。

インターネットの備忘録:「あなたを大切にしない人のことを、あなたが大切にする必要はない」

6.嫌な人には近づかない

社内にいる嫌な人には近づかないようにするのがいいです。

ときどき嫌な人には積極的に話しかけようとか懐に飛び込めって聞くけど、アレ無理。

将来的に社内に味方が多くいて、ストレスが少なく仕事がしやすい職場になってから話しかければいいんです。そうなるまえに嫌な人に絡むと、余計なストレスを抱え込むだけ。

まとめ

ぼくには職場の人間関係のストレスがひどい時期があったので、この記事で少しでもぼくみたいに悩む人が減ることを願っています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-, ,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.