おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

本・映画・マンガ

【感想】スライムが最強だと!?:「転生したらスライムだった件」

投稿日:

IMG 2763

いかーん、他にやることがあるのに思わず一気読みしてしまった。

「転生したらスライムだった件」(著:伏瀬、GCノベルズ)

えぇ、いい年してライトノベル読んでます(笑)。

ライトノベルというのは高校生ぐらいをターゲットにしている娯楽小説で、中二病的設定(イタイ男子中高生が好きそうな設定)が多く見られます。気になる人は「ライトノベル」「中二病」あたりで検索してみよう!

そのライトノベルのなかでも人気で、最近マンガ化もされています。

ちょっと息抜きとファンタジーを読もうと手を出したら、小説なのに2日で5巻(続刊中)も読んでしまった。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


生まれ変わったらスライムになっていた!?

あらすじとしては主人公はさえない37歳の三上悟(みかみさとる)。読み始めて数ページで、通り魔に刺されて死にます。

そして、なぜか異世界で特殊な能力を持ってスライムとして生まれ変わります。その特殊能力が反則。

相手の能力を奪って自分のものにする能力と自分の質問に最適な答えを出してくれる人工AIのような能力。

最弱のスライムなのに、2つの特殊能力を使ってみるみる強くなっていきます。そして、ひょんなことから魔物たちのリーダーになって街づくりまでするというお話。

3つのおもしろポイント

登場するキャラクター達がイキイキしている

5巻の段階で登場人物は30人は超えています。普通、こんなに登場人物が増えると、読んでいて誰が誰だか分からなくなります。

でも、ちゃんと分かるんですよね。キャラクターの性格が豊かに書かれているから。そして、そのキャラクターたちの会話がおもしろくて、思わずクスっとしちゃいます。

主人公の成長がおもしろい

あと主人公が魅力的でいい奴なんです。情にあつくて、少し軽口を叩く感じのキャラで。愛されキャラなので他の登場人物からも慕われます。

主人公が持っている特殊能力はものすごく強いので、戦う場面ではほとんど苦労しません。

そして、戦いが終わったあとに主人公がいろいろな能力を身につけるんですよね。その能力がテレビゲーム的というかロールプレイングゲーム的で、その能力を使ってどんな戦い方をするのかワクワクさせてくれます。

ストーリーがただの冒険や強いヤツを倒すぞ的ではない

ストーリー的にはいろんな問題や障害を超えながら「国づくり」をしていくことになります。

主人公は魔物たちの村(ゆくゆくは国)のリーダーになるのですが、その村を開発していく過程がおもしろい。村を発展させるために特産品を作ったり、村の区画整理をしたり、魔物たちの文明レベルを上げようとします。

ストーリーは若干ご都合主義的な部分もあります。でも、それもまたよし!

まとめ

難しいことを考えずに読める小説です。どちらかというとゲーム好きな男子はコレ好きかも。ちょっとした息抜きにオススメ(ハマると抜け出せなくなるけど…)。

気になった人はweb版がココから無料で読めるので、ちょっと試してみてください。web版は少し荒削りな印象を受けますが。

5巻あたりからweb版と出版はストーリーが変わるらしいので、気になる人は比較するのもおもしろいかも。現在、ぼくはそうしています(笑)。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-本・映画・マンガ
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.