おぉ、うまい!ちょっと食べてみて。

おいしすぐる

Life

仲間を作るのがうまい人は「we」をうまく使う

投稿日:

すぐるです。ぼくの経験上、仲間を作るのがうまい人は「we」をうまく使います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


「we」は映画や演説でよく使われている

映画とか演説を見ていると、よく見かける「we」。例えば映画「インディペンデンス・デイ」のワンシーン。

地球に侵略してきたエイリアンに対して、反撃をするときのアメリカ大統領の演説。

おはよう諸君。

今から1時間もすれば、ここを飛び立った諸君は、世界各地からの戦闘機に合流し、人類史上最大の空中戦を開始することになる。

「人類」 その言葉は今日、新しい意味を持つはずだ。もう人種や民族でで揉め合う。共通の目的のもと、我々は結ばれている。

今日が7月4日というのも宿命だろう、諸君は再び自由のために戦うことになった。

そして今度は虐待や抑圧や迫害から逃れるためではなく、自身を絶滅から救うためだ。そう。生きる権利、存続する権利のために、我々は戦うんだ。

我々は黙って闇に葬られたりしない!
我々は戦わずに消えたりはしない!
我々は生き続ける、我々は生き残るのだ!

今日こそ我々の独立記念日を祝おうではないか!

参照:映画「インディペンデンス・デイ」

かっこいいよね。ぼくはこのシーンのファンです。

アメリカの大統領のスピーチとかも聞いていると「we」を多用しています。

「we」は団結させるときや自分のやりたいことに対して、相手の協力を引き出すときに使うと効果的です。あとは味方を作りたいときとかね。

相手としては「we」を使われると、今まで他人ごとのように思えていたことが自分に関係することだと感じるようになります。

コミュニケーションがうまい人って、「we」を意識せずに自然に使っています。

相手に響く「we」の使い方

効果的に「we」を使うコツは相手をよく観察して、求めていること見つけることです。そして自分の思いを相手の求めていることとリンクさせるカタチで伝えていきます。

個人の想いから共感を作り出していって、「we」で相手の求めていることを伝えながら巻き込んでいく流れがいいですね。

紹介した映画のセリフも前半は大統領の想いで共感を作って、後半に行くにつれて「we」を使って団結を作っていくカタチになっています。

まとめ

チームをまとめたりする人は、ぜひ使ってみてください。Yes,we can!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Life
-,

Copyright© おいしすぐる , 2017 AllRights Reserved.